2010年08月27日 (金) | Edit |
それで夕飯の時に、「今日の面接はどうだったの?」とお母さんに聞かれた。
私「……ダメだった
母「…もう結果がわかったの?」
私「求人の紙に「即決」って書いてあったもんで、すぐ教えてくれた」
父母「何を質問されたの?」
私「…家はどこら辺とか」
母「何て答えたの?」
私「…………えーっと……」
母「…もう忘れたの(゚Д゚)?」
私「そこの大通りを出て…うなぎ屋のとこ入って……えーっと、交番のちょっとこっちの」
母「声が小さくて聞こえん
父「俺もわからんぞ
母「他には?」
私「……なんでここを受けたか…とか」
父「変な質問だなぁ
母「…何て答えたの?」
私「…………うーん(首を傾げる私)わからん
母「そんな今みたいに黙ってたら、そりゃあ落ちるわ
私「………」
母「あと二、三年もすれば、オジイとオバアは居なくなるよ!これからあんた、どうやって生きてくの
私「…………
母「明日もハローワークに行ってきなさい!毎日行かなきゃダメだよ!」
私「……………」
母「もう二階行くから。全くもう
私「………
父「………もうお母さんは上行ったから、しゃべってごらん
私「………
父「ほら、お父さんしか居ないで。大丈夫だから。…せぇの、あ、あ、あ~
私「………
父「お父さんのほうが泣きたいよ。ほら、明日ハローワーク行ってくるって言ってごらん
父「あぁ~しぃ~たぁ~」
私「…………」(ガタガタ震えてる


↑ちなみにここの「あ」を喋りかかるのに15分強さらに、全部言えるようになるまで15分…。

私は頭の中ではめちゃめちゃ大きい声で普通に喋ってるのに、頭の中がぐちゃぐちゃになって口が動きません。混乱して大泣き

お父さんはそれを解ってくれています。私が言えるまで、付き合ってくれてありがとうごめんなさい

父「よし言えた言えた
私「…
父「ご飯たべな」
私「
父「…どうしただぁ?ご飯食べな
私「お父さん、早く二階行って寝たいよね…ごめんね」(心の中で)

父「ちゃんときれいにお皿洗っとけよ

私「…うん


‐‐‐‐‐‐
その日の深夜、家族が死んでしまったらどうしよう…、と思いはじめたら、混乱してきて、息ができなくてパニック状態で大泣き吸えないし吐けないし、胸部圧迫で苦しい
一時間ぐらいパニック状態で死ぬかと思いました。生きててよかった


これは24日の深夜に、左の二の腕の内側に出た湿疹


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック