2010年12月01日 (水) | Edit |
今日はお父さんに頼まれて午後から、お姉ちゃんの住んでるアパート(兼、母の実家。親が管理している)の畑の草取りをしました。
着いたらお父さんがいて、物置小屋みたいのを作っていました。
「あぁ、来た来た。この鎌で、この辺の草取ってよ
「うん」
ちょっとしたら髪が邪魔になってきて、やりにくかったので、輪ゴムがないかお父さんに聞いてみたら「あぁ、あそこの○○にあるよ。こないだお母さん使ってた見たよ」
「よかったちょっと見てくる」
どこ探してもなかったから、近くの物置倉庫があるからそこを探していました。「…ないなぁ…どこ」

しばらくしたら、「すみません、すみません」どっかのおばさんの声が…。
振り向いたら、どっかのおばさんがいた。アパートの前に建ってる家のおばさんかなぁ。「何をやってるの?」
パニックであたふたしてる私「…えっと…。どこかに輪ゴムがないかと思っ………。ないですね。どこ
「誰ですか?どこの人??
!!
「…えっと………(なんだろう、何の用?)…ここのアパートの……」
「ここ、うちの倉庫なんだけど!

?!?!

しっ……、知らなかったっすみませんすみませんすみません
「こことそっちも、うちの倉庫なんですけど
「すみません
「…うちの倉庫勝手に開けないで
何か盗られてたりしてないか確認するおばさん。
「で、誰ですか?
「えっ……えっと……、○○です」
「……つっ、○○です…○○です…そこのアパートのっ」
「…もしかして○○さんの娘さん?
「…はい…」
「こことそっちは、うちの倉庫なんで
「…すみません


なんだぁあー!!一応同じ敷地内だし、今まで知らなかった!
そのおばさんの家兼寿司屋と駐車場と畑とうちのアパートと畑は、元々、お母さんの実家(一軒家)と土地で、半分土地売ったんだけど…。(解りにくくてごめん)

倉庫の件は全く知らなかった!

お父さん「なんだぁ?!泥棒になっちゃうぞ!よその倉庫開けるなよ
私「…うん。だって知らなかっ………
久しぶりに家族以外の人に怒られて、パニックになった。
お母さんの部屋で号泣

その間に、おばさんにお父さんが注意されてる声が…。

ごめんなさいごめんなさい知らなかった!私が悪いんです。申し訳なかった
もう嫌、もう嫌、帰りたい

お父さんが玄関から私を呼んで、一緒に草取り再開
なんだか解らないけどパニックになって、号泣しながら草取りする私

作業終わって、家に着いた。泣きながら寝た。夕飯も要らない。
今もフラッシュバックしてガタガタ震えて号泣しながら、このブログを書いてます。

情緒不安定すぎるごめんなさいごめんなさいごめんなさいうぅう
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック