2011年01月04日 (火) | Edit |


今日、2011年1月4日は、愛犬 小鉄(こてつ)の三回忌です

ここ2~3日は、こっちゃんの写真を見ながら話しかけたり、思い出を振り返ったりしながら、ひとりでシクシク泣いています


こてつは、私の手拍子をまねして吠えるし、誰も教えてないのに手招きをするし(どこで覚えたの)、大きすぎるくまちゃんのヌイグルミを見せてあげたら怯えてお家(っていうか犬小屋)に入っちゃうし(笑)
私がアクビした時のをまねして「あぁあ~」って言うし、散歩に行きたいときやお腹空いたときや遊んでほしいときは呼ぶし。構えないと、しまいには怒りだす(笑)


「はいはい、こっちゃん、しょうがないなぁはい、ジャーキー。こっちゃんちょっと待っててよ、おすわりしないとあげないよ。おすわりお・す・わ・り、こっちゃん
はい!どっちに入ってるでしょうか~!?どっちかなぁ
(^・ェ・)わーいえ~っと、こっちかな(入ってると思うほうの私の手を、鼻でツンツンする、こてつ)
「こっち?こっちかぁ…じゃーん!ハぁズレ~
ガーン!(^・ェ・)
「じゃあ、もう1回ね
(早く食べさせてやれよ(笑)


祖父母と私と散歩に行ったとき、おばあちゃんが「疲れたから先帰る」って戻って行ったら、こてつが「あぁあ(゜Д゜)おばあちゃんなんで?帰っちゃうの帰らないでよ~。」って顔して、おじいちゃんが「ほらほら、行くよ」って紐引っ張っても、「でも、おばあちゃんが」って、おばあちゃんの方をじーっと見て動かないし。おもしろかったなぁ。

私がコンビニの袋を提げて帰ってくると「なんかなぁい?」って大喜びで近寄ってくるし(笑)「今日は、こっちゃんの食べる物はないよ残念~」とか。
夕飯でスペアリブや魚だった時には、骨を食べさせてました。犬にとっては味が濃いから、水やお湯で薄めてあげていました。食べ終わるまで、私が傍で見てあげていました「こっちゃん、おいしいねぇ。もっとゆっくり食べな(笑)」
先にそのダシの出た水をガブガブ飲むこてつ。「さすが、こっちゃん!通だね」(^・ェ・)
ガツガツ食べてるときに、必ず私の方を「わぁいおいしいなぁ。ありがとう」って、チラッと見るこてつなんていい子なの!(笑)
私が「おいしいね!よかったねぇ、こっちゃん」って食べてる最中に撫でても怒らない、優しいこてつ。かわいい


亡くなる数年前から皮膚病になって、毛がほとんどない時は、寒そうだったなぁ。病院に入院してるときは、お利口さんだったな

プリンはこっちゃんが亡くなってからは食べられなくなっちゃった。見ても食べたいとは思わなくなった。あんなに好きだったのに。


天国行っちゃって、もう2年かぁ。こっちゃん居なくて淋しいよ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック