2012年02月05日 (日) | Edit |
今日は、一睡もできずに
東京品川の「ZARDスクリーンハーモニー」に行ってきました。

私はチケット取り忘れちゃったけど(申し込もうと思ったら期限が過ぎていた)、マイミクさんのおかげで参加することができました。本当にありがとうございました

1と2回目を見ました。


1回目は、マイミクさんと2人で前から4列目の通路側の席に座りました。見やすくて良かった。
でも、前の席の人が、マックを持って来やがって、匂いが凄い勘弁してくれよ…。

客席が暗くなり、スクリーンハーモニー、スタート。わぁあ

……っと思ったら最初は宣伝とかだった。映画ウタヒメの宣伝が流れた。私は突然の大きな音が怖いので、ビクビクしながら見ていた。頭と足がガタガタ震えてきた怖い、、、早く終わって…。

宣伝が終わり、スクリーンハーモニーがスタート。私はまだ震えていた。何の曲からか、わからないから。しかもスピーカーから近いから心臓に悪いの。ガタガタ震えていた。


未公開の映像がたくさんあった。私の好きな映像もたくさんあった

君に逢いたくなったら…の、メイキングが、可愛かった。

プレステのレーシングゲームを真剣にやる泉水ちゃん。ビンの栓が開かなくて悪戦苦闘してる泉水ちゃん。ブシューっと中身が出てきて大変なことになってる泉水ちゃん。スタッフさんに掛けようとしてる、オチャメな泉水ちゃん。


でっかいバイクに勝手に乗っちゃって、「すみません、すみません」とペコペコしてる泉水ちゃんが可愛かった。
自分が座った所と足を乗せた所を手で汚れを払ってる泉水ちゃん。持ち主のおじさんと仲良くなっちゃって、後ろに乗って、連れてかれちゃった泉水ちゃん。笑えた

ジャスビリのレコーディング風景が、良かった


さらば青春の影よ、感動した。アルバムコレクションは買ったんだけど、まだ全部聞けてないから


マイ フレンドでは、シマシマのシャツにグレーのセーターにミニスカートの泉水ちゃんが!めちゃめちゃ可愛かった

かけがえのないものの泉水ちゃんが可愛すぎる

スクリーンハーモニーの映像を見てると、絵を描きたくなってくるから、不思議ね~
服装や髪型をしっかりと目に焼き付けた。

泉水ちゃんはなんでそんなに肌がキレイなの毎回ウットリしてしまう。


ぜひスクリーンハーモニーをDVDにして欲しいなぁ。お願いします、お願いします、お願いします!!!

最後の「あの微笑みを忘れないで」は、ちょっと最初が違って、途中から音が盛り上がった。鳥肌が立った!いつもと映像が違って、カッコいい、ROCKなZARDだった

二回目の、ジャスビリのときに、擦り切れるほど聴いたア……

!!泉水ちゃんの歌が少し止まるというアクシデントが。ライブならではだなぁ。「寺尾さん、頑張れ」と思いながら心の中で声援を送った。

スクリーンハーモニー、素晴らしかった。はるばる来れて良かった。

25周年、30周年と、ずっとZARDを応援していこうと思いました。

泉水ちゃん、スタッフの皆さん、お会いできたマイミクの皆さん。ありがとうございましたお疲れさまでした。


君Disマフラー買っちゃった

帰りはいつもの品川ではなく東京駅まで行きました。念願のリラックマストアへ行けました。当たり前だが、リラックマだらけで(笑)。何を買おうかなと迷った。ストア限定のをたくさん買っちゃった5000円も使ったよ。バカ(笑)

スクリーンハーモニー終わって六本木に行く予定だったけど、疲れたから止めて正解だった。


東京駅から新幹線乗ったのは初めてだった。ホームに行ったらちょうど名古屋行きのが停まってたから良かった

行きも帰りも、こだまでゆっくり座れたし、良かった。


また東京行きたいな。今度は5月かなZARDギャラリーのチケット買ったからわくわく。でもお金ないから、何とかしなくては…。

今日はいい日でした。やっぱり私はZARD好きなんだなぁと再確認しました。


ありがとうございました
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
坂井泉水さんのCG製作にご協力願えませんか?
はじめまして、
わたしはいま坂井泉水さんの3DCGを作っていますが、作り始めて間もないのと、髪型がわからないので、作っても作っても似ていないような気がします。もしよろしいければご協力をお願いしたいです。作ったものは「ZARDがお好きな方ならどなたでも♪ZARDについてお話しませんか」のほうに乗せてあります。ご意見をお聞かせくださいましたなら、幸いです。では、失礼します。
2012/02/15(Wed) 07:45 | URL  | Mary Lin #B7Oicspg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック